オモニ会による食育プログラム「栄養素のはなし-ビタミン、ミネラルについて」

2月7日(土)、オモニ会による食育プログラムが実施されました。
児童たちのためにいつもたくさんの愛情を注いでくれるウリ オモニ会では
今年度、6月、9月、12月の計3回 オモニ会給食を提供して下さいました。
(1月の給食-もちつき-はインフルエンザが流行したため残念ながら中止となりました。)
(11月にはアボジ会の給食も記憶に新しいところですね^^)
オモニ会では、今年度最後の手作り給食を企画し、その際
医学博士で、産婦人科医として勤務している5年役員オモニを講師に迎え
子供たち向けの食育講義を行いました。
講義は「栄養素の話」、中でもとりわけビタミンとミネラルについての話で
それらが体内でどんな働きをするのか、不足するとどんな不調があらわれるのか、
またその栄養素はどんな食品に含まれているのかなどが
映像とともに説明されました。
講師のオモニの話を聞きながらメモをとる4年生

「表を見て今日食べた物の中で摂れた栄養素と不足している栄養素をチェックして、

不足したものを補う食事、間食を心がけましょう」
そして、同じ時間に低学年生はオモニ達に食育絵本を読んでもらいました。
好きな物ばかり食べるのではなく、
いろんな食材、いろんな味、いろんな食感を味わう大切さを教えてくれました。
そして、食育の時間が終わると、全校生が3階に集まって
一斉に給食です。
今回のメニューは、彩り野菜のナムルを自分たちでのせて作るピビンバです。
ご飯にのせるナムルは콩나물(豆もやし),고사리(ぜんまい),시금치(ホウレンソウ),
大根とにんじんのナムル、錦糸卵、炒めたひき肉、고추장はお好みでプラス。
定番のわかめスープ付きです。
全ての具を 골고루 トッピングすれば、
ほら!こんなにおいしそうなピビンバの出来上がり♪
しかし、野菜の極端に少ない偏ったピビンバを食べている子も
低学年、高学年を問わずちらほら見受けられました。
ご家庭でも子供たちの好き嫌いや栄養管理に関心を持って
親子で一緒に健康を目指していけるといいですね^^
オモニ達、1年間おいしい給食、고맙습니다!

ページ上部に戻る