きょうだい登下校を実施しています

新学年度、新学期がスタートして10日が経ちました。

入学・進級の喜びで心浮き立つ生徒、新生活への緊張や不安が先立つ生徒と個性は様々ですが、徐々に学校生活にも慣れて来る頃ではないでしょうか。

慣れた頃に気が緩み思わぬ事故・・・なんてことにならないように、学校でもご家庭でも子供達を温かく見守っていけたらと思います。

子供だけでの通学、まして公共交通手段を利用しての通学となると、ご家族の心配もひとしおです。

学校では今年度も、1年生たちの登校をサポートするおなじみの《형제등교》(きょうだい登校)を実施しています。

上級生で通学コースが同じ生徒が、1年生が通学に慣れるまで一緒に登校する制度です。

一緒に登校する上級生と下級生はすっかり仲良しになり、廊下ですれ違う時も声を掛け合って気遣う本当の兄弟姉妹のような関係を築いていきます。

今年度は登校に加えて、下校もサポートする《형제하교》(きょうだい下校)が導入されています。

《형제하교》は、高学年保護者の方より「下校時も上級生、特に高学年生がサポートしてあげれば、1年生のオモニ、アボジがより安心するのでは?」との声をいただき、初めて試行したものです。

本来高学年生は低学年生の下校後に学級活動やクラブをして、遅く下校しますが、4/14までは高学年の活動を調節して、全力で1年生をサポートしよう!と決め、1年生と一緒に下校しています。(写真は下校方向別に並ぶ低学年生と一緒に下校する6年生)

20160413_145905

この《형제등하교》の実施は、1年生が安心して通学できるという利点がありますが、高学年生にとっても、当校教育理念に謳う「社会生活に対応できる実践力」を養うという大きな目的があります。

幼い1年生への気配り、通学路での予期せぬ出来事への対応(1年生あるある;定期忘れた、トイレ行きたい、寝過ごし、バスや電車のダイヤの遅れなどなど・・・)を通して、コミュニケーション能力や問題解決力を鍛え、それを自信にしてさらなる課題に取り組んで行くことが出来ると考えています。

そして、高学年に優しくサポートしてもらった1年生たちが、次は同じように下級生たちをサポートしてくれる頼もしい上級生に育っていくのです。

《형제등하교》にご協力いただいている上級生のオモニ、アボジたちのご理解にも心から感謝いたします。

今後もハッキョでは、生徒たちが成長していけるように様々な活動を取り入れてまいります。

 

ページ上部に戻る