おかあさんに言いたいこと。

1学期から日記を書き始めた1年生達。

最近ではウリマルでも書いています。

解読不可能な朝鮮語も多いですが(笑)、習いたての言葉を使って書く日記はとてもかわいらしいです。

最近は学校でテーマを出したミニ作文を書いています。

そこで、クラスでも「お母さんに言いたいこと」というテーマを出してみました。

男の子達は「言いたいこと、ない!」「わからないよー。」と弱った顔をして、女の子たちは「やったー!」と大喜びしていたのが印象的でした。

 

どんな一言が出てきたかというと…

 

「おかあさんに怒られると、言いたいことがスッキリ言えなくなります。

本当は大大大好きだよって言いたいのに。私はいそいで謝りに行きました。」

 

「おかあさん、本当はね、お母さんが怒っても怖くないんだ。」

 

「おかあさんがいつも洗濯とか学校の準備とかしてくれてありがとう。

ぼくももっと頑張らなきゃ。」

 

などなど、子どもらしい言葉でお母さんへのラブレターのような作文がたくさんありました。

子どもたちの言葉に心が温かくなった担任です。

 

ページ上部に戻る