새해 2017년 첫 인사 드립니다.

3学期がスタートしました。

今週は、4日しか授業をしていないのに、とても長く感じました。

 

その1:子どもたちの日記「冬休みの出来事」

Kトンムの日記

「ぼくたち兄弟は、アボジ・オモニ、親戚に新年のあいさつをした。そして、お年玉をもらった。(あれ?去年よりお年玉が少ない…。)ぼくは、その理由をオモニに聞いてみた。オモニは『昨年の自分の生活をよく思い返しなさい。』と言った。ぼくは、昨年の自分の生活をよーく思い返してみた。でもやっぱり、お年玉が少なくなった理由がわからない。(中略)2017年はいい年にしようと思う。」

✎子供にとってお年玉は、新年の楽しみですからね😊 「お年玉で何買ったの?」と聞いたら、使わず貯金した6年生がたくさんいました。

 

Sトンムの日記

「冬休みに、京都奈良に旅行に行った。東大寺で大仏を見た。教科書で見るよりすごかった。(中略)金閣寺、銀閣寺を見に行った。金閣寺は本当に『金』だった。清水寺も行った。最後に『本能寺の変』が起きた場所に行った。今はもう人の家が建っていて、本当にここで起こったとは思えなかった。楽しい旅行だった。」

✎百聞は一見にしかず。教科書で見るより実物は感動が10倍ですね。

 

Nトンムの日記

「ハラボジ、ハルモニ、親戚一同で新潟にスキーに行った。私はいとこたちの中で一番年上なので、ちゃんと面倒を見なければならない。私はいとこたちとたのしく遊んでたくさん笑った。こうやって、楽しく過ごせるのは今年が最後かなと思って、たくさん遊んだ。」

✎中学になると忙しくなってしまいます。家族や親せきと過ごす時間を大事にする気持ちが伝わりますね。

 

その2:餅つき

こどもたちが10回ずつ餅をつきます。

IMG_2287IMG_2308IMG_2315

もち米から、だんだんお餅になってきました。

毎年恒例、「担任、年の数だけ餅をつく」

10回だけ打ちました。すると、ある児童が…

「ソンセンニン、29990回足りませんよ!」

そう、担任は30000才なのです。(笑)

いつか年齢を聞かれたので、「30000才」と答えた時からそうなりました…( ̄▽ ̄;)

 

 

 

ページ上部に戻る