学校の歴史

  • 1945. 12.8
  • 板橋区大谷口町1051(水道タンク前)の個人宅で、教員2人、学生25人からなる国語講習所形式の「板橋朝鮮学院」を創立
  • 1946.3.5
  • 朝鮮語の夜学開始
  • 1946.5.20
  • 3年制初等学院に発展
  • 1946.8.30
  • 板橋朝鮮学院第1回卒業式
  • 1947.2
  • 木造アパートを校舎として利用(※現在の運動場、板橋区大山西町67)
  • 1947.12.17
  • 板橋朝鮮学院と豊島朝鮮初等学院(高松町)を統合し「東京第三朝聯初等学校」に改称。
  • 1948.4.20
  • 本校に対し学校閉鎖令が出る
  • 1948.4.27
  • 尹徳昆理事長、李寅宰教員以下都内学校関係者逮捕
  • 1948.5.5~13
  • 都知事、板橋朝鮮学院閉鎖命令により休校
  • 1948.5.17
  • 日本の学校法による私立学校認可。「東京第三朝聯小学校」に改称
  • 1949.12.20
  • 「東京都立第三朝鮮人小学校」に強制移管(日本人校長・教員赴任、学生195人。※朝鮮人教員は時間講師としてしか認めず)
  • 1954.9~12
  • 改築工事のため264人の子どもらがバラック、同胞宅、一部野外などに分散して授業を受ける
  • 1955.4.1
  • 「東京朝鮮第3初級学校」に改称(8学級、学生278人)
  • 1962.12.8
  • 鉄筋3階建ての新校舎落成式。韓升元建設委員長
  • 1981.3.12
  • 板橋区議会で教育助成金支給を決議
  • 1981.5
  • 第1回チャリティーゴルフ大会
  • 1982.11
  • 第1回バザー
  • 1995.10.29
  • 創立50周年を記念して校舎全面改築(総額1億8千万円)。安英王建設委員長
  • 1997.6.8
  • 青商会と朝青がマイクロバス「未来号」(28人乗り)を寄贈
  • 2002.4
  • 初の家族ウリマル発表会
  • 2002.12
  • 若い世代で「愛校会」発足
  • 2003.1
  • 総合模範学校である「愛族愛国学校」の称号授与
  • 2003.9.13
  • 初の「同胞敬老の集い」
  • 2005.6
  • 創立60周年を記念して全教室に冷暖房設置
  • 2007.10.28
  • 学校理事会、オモニ会、近隣住民の協力により運動場の改修・フェンス設置完了。総額費用1500万円のうち半額を板橋区が補助、日本の学校と同じように埃の立たない土とフェンスを取りつけた
  • 2013.4
  • 学校のキャラクター「チェサミ」と「ミレ」誕生
  • 2014.6
  • オモニ会手作りの着ぐるみ「チェサミ」と「ミレ」登場

東京朝鮮第三初級学校基本データ

  • 名称:
  • 学校法人東京朝鮮学園 東京朝鮮第三初級学校
  • 所在地:
  • 東京都板橋区大山西町67-1
  • 電話番号:
  • 03-3958-0126(代表)
    03-3958-0127(FAX)
    03-3958-0128(教育会)
  • メールアドレス:
  • chesam@coral.bforth.com(学校)
    info@che3.jp
    chesam1970@yahoo.co.jp(教育会)
  • 在学数:
  • 全校生徒 96名(うち男子56名、女子40名)
    1年生―21名(男子12名、女子9名)
    2年生―11名(男子7名、女子4名)
    3年生―12名(男子8名、女子4名)
    4年生―18名(男子13名、女子5名)
    5年生―12名(男子4名、女子8名)
    6年生―22名(男子12名、女子10名)
  • 教職員:
  • 教員―8名
    非常勤講師―3名
    教育会職員―1名
  • 部活動:
  • 高学年
    体育系―サッカー部(男子)、バスケットボール部(男子、女子)
    芸術系―現代器楽(男女)、民族器楽(男女)、美術(男女)、朝鮮舞踊(女子)
    低学年
    サッカー部(男子)、バスケットボール部(男子、女子)
  • その他活動(放課後):
  • テコンドー教室、ジュニスターサッカースクール、習字教室
    ※低学年のみ‐ポンドリサッカー教室、LEE新体操教室
    千里馬体操教室、セットン図工教室
  • 受賞経歴(1976年~2015年):
  • 部門別模範学校 11回受賞
    総合模範学校 3回受賞

ページ上部に戻る