4月29日 第三ハッキョの授業参観がありました

新学年度初めての授業参観ということで、たくさんのアボジ、オモニ、ハラボジ、ハルモニがハッキョを訪れました。

新1年生はクゴ(国語=朝鮮語)の授業で臆することなく元気なウリマルで会話をしていました。

授業は2時間でしたが、どの学年も活気のある学習風景を見ることが出来ました。

 

授業参観後はハップモモイム(保護者集会)が講堂で行われ、今期のアボジ会、オモニ会役員たちが紹介され、それぞれの会長が決意表明をしました。

2016051017352120160510182104

学校側からは、行政の補助金が今後も差別・遅滞なく払われるように、関係機関との情報交換や協力体制の構築がとても大事なので、保護者に区議会議員や学校周辺の日本の方々との交流に対する理解と協力が呼びかけられました。

 

集会では昨今の大地震をうけて当然耐震問題も議題に上がりました。

この問題では校長先生が新校舎建設に向けての見通しと決意を話されました。

まだまだ課題は残りますが、第三ハッキョもやっと、ようやく新たな一歩を踏み出しそうな予感がします。

 

集会後は1,2年生クラス懇談会とソージョ説明会が行われました。

ページ上部に戻る